上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
植物という「命をもつもの」を育てるのがガーデニングです。
雨や風に負けないようにあらゆる工夫したりと、植物が順調に育っていくために覚悟を決めてとりかかる必要があります。
しかし、植物が成長していくところを見守ることは「育てる」という本能を満足させ、また実やきれいに咲いた花を摘みとることは「狩る」という本能を充足させることにつながります。


つまり、現代社会でおろそかになっていた、本来人間が持っているはずの「原始的で素朴な感情」を蘇らせることができるのだ。
特に現代的な生活において、生きることに対して満足感を感じない人にとっては、人間らしさを取り戻すための絶好の機会となるのです。


また、マイナスイオンは森林だけに限らず、こうした植物からもたくさん発生します。
特に、植物や土に水をまいたり、雨が降った翌日に土をいじると、たくさんのマイナスイオン発生するため、心と体の両方をリフレッシュしたいときに打ってつけです。
庭がなくても、部屋の中やベランダに植物を置いて水を与えることで、マイナスイオンをたくさん吸収できるのです。


[PR]
東京 マッサージ 出張
オイルマッサージ 大阪市福島区
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。