上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人間の内面から心身の疲れなどによるアンバランスを癒す「彩治癒法」をカラーセラピーといいます。
身体の悪い部分にのついた光線を当てたり、絵の具やクレパス、鉛筆などを使って、絵を描かせる療法が一般的なカラーセラピーです。
身体的にも心理的にも、予想以上の効果を発揮します。


右脳では、快感を得られるものを取り入れたり、感情を刺激したりして、心を活発にします。
左脳では、言葉を使って論理的に考えます。
とくに子供は、正直に自分の感情をに変換して伝えてくることもよくあります。


人間はそのときどきにおいて、本能的に心と身体の調子の合う波長のを求めているのでしょう。
人間は無意識のうちに、心や身体の情報を何かしらので表現しながら、毎日を過ごしていることでしょう。
色の好みは、その場その場といった先天性のものではなく、心のずっと奥底にある潜在的なものといえます。
突き詰めていくと、自分でも気づかなかった自分に気づけるかもしれません。
色は正直に自分の心を投影してくれます。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。