上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
治療に音楽を利用した療法のことを音楽療法といい、古代ギリシャの時代にはすでにあったといわれています。


音楽療法の治療的な意義としては、感情のカタルシス作用や心身の平穏作用、言葉とはまた違ったコミュニケーション作用と自己表現の実現などがあります。
音楽療法は、精神疾患の患者や自閉症の子どもなどに用いられ効果を上げています。
また、音楽療法は、合奏や合唱による集団療法的な側面をも合わせ持っているとされています。


このようなことから、一般的に音楽療法には、ストレスで疲れきった心身を癒しをもたらし、乱れた自律神経を正常に戻していく効果があるといわれているのです。


音楽療法と一言でいっても、さまざまなジャンルがあります。
なかでも、クラシック音楽がストレス解消の効果がとくに高いとされています。
とはいえ、あまりそうしたジャンルにとらわれすぎずに、自分が好きな音楽を聴くのが良いのではないかと、私個人としては考えています。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。