上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
音楽をリラクゼーション目的で聴くという人が、ここ数年でかなり増加しました。
しかし、癒し効果を音楽から十分に得るためには、音楽の使い方や選び方がネックになります。
これについては、ほとんど認知がないようです。
一般的には、一種のBGMとして癒し系音楽をお使いになる方が多いでしょうが、脳の活性効果を目的とするなら、音楽療法用のCDを選び、ある期間聴き入ることが大切なんです。


「とにかく癒されたい」のであれば、アルファ波が出るものがおすすめです。
一般に販売されている音楽療法用CDも、圧倒的に多いのがこのタイプです。
なかには、アルファ波だけでなくシータ波に導くものもあり、聴いているうちに脳の緊張がなくなって記憶力を高めたり、集中力が上がったりする効果があるといわれています。


身近にある音楽においては、モーツァルトがおすすめです。
モーツァルトは脳を活性化する音を類まれなる才能をもって組み合わせ、癒しの音楽を作っていた天才のひとりです。
モーツァルト音楽のすごいところは、脳がさえていながらもリラックス状態にもなれることなのです。
仕事や勉強の効率が上がらないことで悩んでいる人は、一度聴いてみてはいかがでしょう。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。