上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ステビアは南アメリカ原産のキク科の多年草です。
ステビアサイドという、砂糖の約300倍の甘み成分を持っています。
そのうえ、カロリーが少ないので、ダイエットによく利用されます。
葉の甘みは水やアルコールに溶けやすいので、浸出液をとって甘味料としても利用しますね。
生の葉をデザートなどに添えたり、乾燥させた葉や茎をハーブティーとして利用したりします。
生のままおやつのように食べられるので、子供たちに大人気です。
属名のステビアは、スペインの医師エステーペ、種小名のレバウディアナは本種の成分を研究したパラグアイの化学者O.Rebaudiを記念し、命名されました。

<栽培>

種まきは春です。
植木鉢などにまき、雨のあたらないところで育苗してから、温暖な時期に露地に植えると定着します。
日当たりを好みます。
鉢やプランターに植える場合は、草丈が大きくなるので大きめの容器を使ってください。
そして、冬の寒さには非常に弱いので、早目に温室か室内に保護してください。
また、乾燥を嫌うため、水やりはこまめにしましょう。
やや湿り気のある土が適しています。

甘味成分であるステビアサイドの含有量には品種差・個体差があります。
そこで、含有量の多い良質な固体を選んで、挿し木で増やして栽培することをおすすめします。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。