上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人間の内面から心身の疲れなどによるアンバランスを癒す「彩治癒法」をカラーセラピーといいます。
身体の悪い部分にのついた光線を当てたり、絵の具やクレパス、鉛筆などを使って、絵を描かせる療法が一般的なカラーセラピーです。
身体的にも心理的にも、予想以上の効果を発揮します。


右脳では、快感を得られるものを取り入れたり、感情を刺激したりして、心を活発にします。
左脳では、言葉を使って論理的に考えます。
とくに子供は、正直に自分の感情をに変換して伝えてくることもよくあります。


人間はそのときどきにおいて、本能的に心と身体の調子の合う波長のを求めているのでしょう。
人間は無意識のうちに、心や身体の情報を何かしらので表現しながら、毎日を過ごしていることでしょう。
色の好みは、その場その場といった先天性のものではなく、心のずっと奥底にある潜在的なものといえます。
突き詰めていくと、自分でも気づかなかった自分に気づけるかもしれません。
色は正直に自分の心を投影してくれます。
関連記事
スポンサーサイト
疲れが溜まっているにときマッサージをしてもらうのは、最高に気持ちいいですね。
ガチガチに固まってしまった身体をもみほぐしてもらうと、心身ともにリラックスできます。
デスクワークの多い方や運動不足の方は、一度身体全体をもみほぐしてもらうことをおすすめします。
一度体験すると病み付きになること間違い無しです。
数あるマッサージの中から、タイ古式マッサージについて紹介します。


90分~120分をフルに使って、優しくゆっくりと全身をもみほぐしてくれます。
まず、リラックスした雰囲気の中で、お香の香りとヒーリングミュージックによって心がリラックスします。
そして、ストレッチと指圧を兼ねたマッサージで全身の筋肉をほぐしてもらい、血液循環が改善されます。
マッサージを終えたら、身体も頭もスッキリし、心地よい脱力感を味わうことができます。
また、夜はぐっすり眠れますので、不眠症の方にはとくにタイ古式マッサージをおすすめします。


[PR]
出張マッサージ 東京
新宿 リンパマッサージ
関連記事
現在では約34%の企業がメンタルヘルス対策に取り組んでおり、平成14年の23.5%をずっと上回っています。
規模別においては、1,000人以上の従業員がいる企業では9割を超えており、また、規模云々をなしにしても6割を超えています。


メンタルヘルス対策を実施している企業のうち、その具体的な策としては、多い順に「労働者からの相談対応」「労働者へ情報の提供、および教育の研修」「管理監督者へ教育の研修、情報の提供」となっています。


過去1年間に、メンタルヘルスが理由で1か月以上連続して休職、または退職した労働者がいる企業の割合は約8%で、特に規模が1,000人を超えている企業においては9割を超えています。
「職業生活や仕事に関する強い不安やストレス、悩み」の原因となっているのは、就業形態別においては、まず正社員では多い順に「職場における人間関係」、「仕事の質」「仕事の量」があがり、いずれも3割を超えています。
また、契約社員では「雇用の安定性」、パートタイムでは「職場の人間関係」が最も多いようです。
関連記事
治療に音楽を利用した療法のことを音楽療法といい、古代ギリシャの時代にはすでにあったといわれています。


音楽療法の治療的な意義としては、感情のカタルシス作用や心身の平穏作用、言葉とはまた違ったコミュニケーション作用と自己表現の実現などがあります。
音楽療法は、精神疾患の患者や自閉症の子どもなどに用いられ効果を上げています。
また、音楽療法は、合奏や合唱による集団療法的な側面をも合わせ持っているとされています。


このようなことから、一般的に音楽療法には、ストレスで疲れきった心身を癒しをもたらし、乱れた自律神経を正常に戻していく効果があるといわれているのです。


音楽療法と一言でいっても、さまざまなジャンルがあります。
なかでも、クラシック音楽がストレス解消の効果がとくに高いとされています。
とはいえ、あまりそうしたジャンルにとらわれすぎずに、自分が好きな音楽を聴くのが良いのではないかと、私個人としては考えています。
関連記事
欲求不満が高まった人は、普段はしない行動で欲望を満たし、少しでも憂うつやイライラを解消したくなるものです。
ストレスを慢性的に感じている人ほど、欲求を満たせる方法でのストレス解消にはまりやすいのです。
買い物はその常套句ですね。


たくさん買い物をしてストレスを解消できると、「もっといいものを買いたい」「またあの快感を味わいたい」という欲が湧いてきます。
しかし、そうやって買い物を続けているうちに、欲求不満になるときが必ず訪れます。
なぜなら、欲求は膨らんでいくのに対し、予算が限られているからです。


買い物のことがずっと頭から離れず、買い物が自分の生活のすべてになるぐらいといった、冷静さをなくすほど依存することを「買い物依存症」といいます。
こうした人は、買い物という『行為』に夢中になるのであって、買った物には興味がなかった、ということが少なくありません。
「また買いすぎた」と自分に罪悪感を持ったり責めたりすることがほとんどなのだとか。


ただの「買い物好き」程度なら、罪悪感や自責の念でいっぱいになったり、平常心を失うほど『はまる』ことはないでしょう。
しかし、軽い気持ちで始めている内にだんだんエスカレートし、無意識のうちに依存度が高くなってしまうこともあります。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。