上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
足湯には、ただ足を温める以外にも、とてもすぐれた効果があります。
アロママッサージ 東京でも、これは推奨していることでしょう。


全身を流れている血液の中には、酸素や栄養分のほかにも、代謝によってできてしまった老廃物なども混じっています。
こうした老廃物は尿や汗などによって排出されるのですが、血の循環が悪いと身体の外に排出されずに血液中に残ってしまい、引力の影響で足に老廃物がたまっていきます。
たまった老廃物は血行を妨げるようになり、あらゆる病気の原因となります。
まずは足を温めて血液の循環を促進させることが、病気にならないための、ひとつの手段といえるのです。
アロママッサージも、そこは大丈夫です。


では、足湯入り方の説明をしていきます。
少し熱めのお湯を洗面器にはり、足を20分程度つけましょう。
途中でお湯が冷めてしまったら、お湯を注ぎ足して温度を下げないようにしてください。
このとき、くれぐれもやけどには気をつけましょう。


また、足浴と同じ要領でする温冷浴というものがあります。
こちらは、足をお湯と水の交互に浸けるという方法です。
はじめに、両足を3分ほどお湯に浸けます。
次から水、お湯にと、3回ほど交互に繰り返しましょう。
最後には水で終わるようにしましょう。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。