上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画を見て、大きな声で笑ったり、感動して涙を流したりすると、それが癒しとなります。
温まる映画や、泣ける映画だけが癒し映画というのではなく、がスカッと爽快になる映画は、たとえそれがどんな映画であっても癒しの映画と言えるのではないでしょうか。
ちなみに私は結構涙もろく、映画やドラマのみならず、ドキュメンタリーやスポーツを見たりしても涙を流すことが多いです。
笑ったり、泣いたり、怒ったりすることは自分の感情を思いっきり解放することになって、これがストレス解消癒しにつながります。


最近では、DVDやブルーレイディスクなどでいつでも映画をレンタルできるため、映画館まで足を運ぶ人が減っているようです。
ですが、映画館のあの巨大なスクリーンと重くて厚みのあるサラウンドによる迫力は、自宅ではなかなか味わえるものではないでしょう。
最低でも一年に一回は映画館まで行くようにして、好きな映画を見てみてはいかがですか?
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。