上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
目から光が入ると、それが脳の視床下部にまで送られます。
視床下部とは、内分泌系や神経系をコントロールしている、いわば司令塔となるところです。


(カラー)にはそれぞれ不思議なパワーを持っており、香りや音と同様に、心身の悩みや不調などをやさしく癒してくれる効果があります。
そうしたの持つ癒しパワーを、いくつかご紹介します。



興奮状態にある神経を抑制する効果があり、緊張から解放されてリラックスしたいときにおすすめのです。
落ち着きを取り戻すことで、冷静になって物事を考えられるようになります。


不規則な生活が原因となる不眠症を解消するのに有効です。
毎日が多忙で、なかなか疲れがとれない方にもいいでしょう。
身体のみならず、心にも疲れが溜まっているときなどに癒しを得られるのでおすすめです。
関連記事
スポンサーサイト
人間の内面から心身の疲れなどによるアンバランスを癒す「彩治癒法」をカラーセラピーといいます。
身体の悪い部分にのついた光線を当てたり、絵の具やクレパス、鉛筆などを使って、絵を描かせる療法が一般的なカラーセラピーです。
身体的にも心理的にも、予想以上の効果を発揮します。


右脳では、快感を得られるものを取り入れたり、感情を刺激したりして、心を活発にします。
左脳では、言葉を使って論理的に考えます。
とくに子供は、正直に自分の感情をに変換して伝えてくることもよくあります。


人間はそのときどきにおいて、本能的に心と身体の調子の合う波長のを求めているのでしょう。
人間は無意識のうちに、心や身体の情報を何かしらので表現しながら、毎日を過ごしていることでしょう。
色の好みは、その場その場といった先天性のものではなく、心のずっと奥底にある潜在的なものといえます。
突き詰めていくと、自分でも気づかなかった自分に気づけるかもしれません。
色は正直に自分の心を投影してくれます。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。