上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アロマテラピーの「アロマ」は香り、「テラピー」は療法という意味です。
即ち、アロマテラピーは「香り」を使って行う健康法のことです。

アロマテラピーでは、植物から抽出したエッセンシャルオイルを使って、その有効成分を皮膚、または鼻を通して脳に直接働きかける効果があります。
そのためアロマテラピーは、心と身体にはたらきかけるリラックス効果が非常に高いということが特徴です。


アロマテラピーを実践するということは、植物に本来備わっている「香り(アロマ)」と「有効成分」の力を大いに活用することであって、人が元来持っている自然治癒力を引き出して、心と身体の緊張を解きほぐし、健康を維持することが可能となるのです。


また、アロマテラピーエッセンシャルオイル香りで癒されるだけにとどまらず、皮膚にエッセンシャルオイルを擦り込むことによって、スポーツをして負ってしまった怪我にも有効とされているのです。
ただしこのときは、エッセンシャルオイルは必ず希釈してから使用しましょう。
関連記事
スポンサーサイト
癒しを得るためのアイテムのひとつに、ハーブがあります。
ハーブの効果(力)によって、癒し、またはリラクゼーション効果をさらに向上させるには、適切な方法で、ハーブの有効成分や栄養素を食べたり飲んだりして体内に直接吸収させるのもおすすめです。
サプリメントについては自分で栄養素を選んで摂取でき、量の調節も簡単にできるので非常に便利です。
またハーブティーを飲むのも、手軽に植物のエキスを摂取できる手法です。
いずれも薬ではないので、副作用の心配はまずないので安心です。


ハーブには、種類によって変わってくる働きとは別に、共通する作用として抗酸化作用があります。
また癒しやストレス解消、美容などとさまざまな効果があり、人気があります。
アロマテラピーをはじめ料理、ガーデニング、入浴など、あらゆる面で楽しめます。
さわやかな香りを感じながら、ハーブを楽しんでみましょう。


身体や気持ちを癒し、リフレッシュさせる効果が高いので、ストレス解消には打ってつけです。
上手にハーブの癒し効果を取り入れて、身体の中から癒してもらいましょう。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。