上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
癒しを得るためのアイテムのひとつに、ハーブがあります。
ハーブの効果(力)によって、癒し、またはリラクゼーション効果をさらに向上させるには、適切な方法で、ハーブの有効成分や栄養素を食べたり飲んだりして体内に直接吸収させるのもおすすめです。
サプリメントについては自分で栄養素を選んで摂取でき、量の調節も簡単にできるので非常に便利です。
またハーブティーを飲むのも、手軽に植物のエキスを摂取できる手法です。
いずれも薬ではないので、副作用の心配はまずないので安心です。


ハーブには、種類によって変わってくる働きとは別に、共通する作用として抗酸化作用があります。
また癒しやストレス解消、美容などとさまざまな効果があり、人気があります。
アロマテラピーをはじめ料理、ガーデニング、入浴など、あらゆる面で楽しめます。
さわやかな香りを感じながら、ハーブを楽しんでみましょう。


身体や気持ちを癒し、リフレッシュさせる効果が高いので、ストレス解消には打ってつけです。
上手にハーブの癒し効果を取り入れて、身体の中から癒してもらいましょう。
関連記事
スポンサーサイト
ステビアは南アメリカ原産のキク科の多年草です。
ステビアサイドという、砂糖の約300倍の甘み成分を持っています。
そのうえ、カロリーが少ないので、ダイエットによく利用されます。
葉の甘みは水やアルコールに溶けやすいので、浸出液をとって甘味料としても利用しますね。
生の葉をデザートなどに添えたり、乾燥させた葉や茎をハーブティーとして利用したりします。
生のままおやつのように食べられるので、子供たちに大人気です。
属名のステビアは、スペインの医師エステーペ、種小名のレバウディアナは本種の成分を研究したパラグアイの化学者O.Rebaudiを記念し、命名されました。

<栽培>

種まきは春です。
植木鉢などにまき、雨のあたらないところで育苗してから、温暖な時期に露地に植えると定着します。
日当たりを好みます。
鉢やプランターに植える場合は、草丈が大きくなるので大きめの容器を使ってください。
そして、冬の寒さには非常に弱いので、早目に温室か室内に保護してください。
また、乾燥を嫌うため、水やりはこまめにしましょう。
やや湿り気のある土が適しています。

甘味成分であるステビアサイドの含有量には品種差・個体差があります。
そこで、含有量の多い良質な固体を選んで、挿し木で増やして栽培することをおすすめします。
関連記事
チャービルの属名のアントリスクスはセリ科のある植物につけられたギリシア名です。
種小名ケレフォリウムは蝋質の葉という意味になります。
フランス料理では、フィヌ・ゼルブ=香草を混ぜ合わせたものとして昔から有名ですね。
薬効もあり、パセリよりも甘い芳香があります。
フランス料理の香辛料としては、生のままパセリのような使い方をします。
魚や肉料理などの風味付けに有用です。
特に卵との相性が良いと評判です。

<栽培>

明るい日陰となる場所を好んで育ちます。
水はけがよく、有機質を多く含んだ、栄養豊富で多湿な土を好みます。
ただし、暑さに弱いので、強い日差しと乾燥は避けてください。
移植は嫌います。
容器や花壇に直接種をまいて育てる方がおすすめで、苗は根鉢を崩さず植えます。
発芽後は何度か間引きして1本にします。
ある程度大きくなった間引き苗は調理に使うことができますよ。
花が咲くと風味も落ち、花が咲き終わるとすぐに実をつけて枯れてしまうので、頃合を見計らって摘み取りましょう。
こうすることで、長く収穫することができます。
その後1~2株だけ花を残しておけば、次の年にこぼれ種からまた芽が出てきます。
関連記事
ソレルは雌雄異株の多年草です。
地下茎はやや肥厚して短く、根は分岐して黄色をしていますね。
春から初夏にかけて茎の先が分枝して、円錐花穂となり、淡緑あるいは緑紫色で有柄の小花を花軸の周りに多数輪生します。

民間では根をすりおろしたものや葉の絞り汁を皮膚病の薬として用います。
リウマチや扁桃腺炎にも効果があるとも言われています。

野生のソレルをそのまま摘んで、葉野菜として使用します。
特にフランスで愛されていて、葉が大きく柔らかな優良品種が作られています。
和名は酸い葉の意味です。
酸味が強く、茎や葉に蓚酸を含んでいます。
しかし、多量に摂取すると尿道結石の原因になるともいわれていますので、食べ過ぎないように注意してください。
さらに鉄製の包丁を使うと、酸性が強いため錆びてしまいます。
しかしこの性質は逆に、リネンや銀器の汚れを取るのに利用することができますよ。

<栽培>

株分で容易に増やせます。
タネからも育てられます。
また、根茎を掘り取って4~7cmぐらいに切り取って根伏せもできます。
やや湿った土を好みますが、生育が旺盛で肥料も激しく吸収します
ですので、他のハーブ類とは少し離して植えた方がいいですね。
関連記事
パセリは、古代ギリシャ人に尊ばれていたと言われています。
当時パセリは主として医薬用に用いられていました。
ホメロスの詩によれば、軍馬に与える餌でもあったようです。
これが食卓にのるようにしたのはローマ帝国の人々でした。
宴会の際にはパセリのガーランドを飾りました。
ちなみに和名はオランダから伝えられたセリという意味です。

イタリアンパセリは、普通のパセリのようなちぢれ葉でありません。
やや大型の細長く裂けた葉には、やさしい芳香があります。
必要の都度切り取るようにすれば、年中収穫できて便利に使えます。 
生でサラダに散らすことが多いですね。
ハーブバター、ハーブオイルを作り、スープやパスタに入れることもあります。
どの品種もビタミン、ミネラル、防腐作用のあるクロロフィルが豊富です。
乾燥、冷凍保存ができるので、たくさん収穫して、ストックしておくといつでも使えますよ。

<栽培>

日当たりのよい場所を好んで育ちます。
水はけがよく、有機質を多く含んだ栄養豊富な土が適していますね。
パセリは半耐寒性の二年草なので、春にタネをまくのがよいと思います。
1、2度植え替えをして株間30センチくらいに離して定植します。
もし、秋にまく場合は、夏の終わり頃を狙ってまくようにします。
遅くなってからだと株が大きく成長する前に花芽分化し、利用に適さなくなってしまいますので。
収穫は、葉が10枚以上になってから行ってくださいね。

また乾燥に弱く、夏の高温期には土が乾いて葉が黄色くなってしまうことがありますので、水を切らさないように注意してください。
植え付ける場所にあらかじめ堆肥か腐葉土を十分入れておくのがよいと思います。
関連記事
>>次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。